2016年11月23日

1週間

麒麟が旅立ってからもう1週間。
あっという間に時間は過ぎていく。
気がつくと溜息ばかりついている。
麒麟が居ないだけで、家がとても広く感じる。
ずっと抱きしめてもらっていたんだね。
守っているつもりで守られていたんだね。
きーちゃん、会いたいです。

麒麟が居なくて情緒不安定からか、小梅に襲いかかってばかりいたアロマも少し落ち着いてきた。
アロマは死に直面するのが初めてだったし、麒麟は物心ついた時からずっと側に居たから、その不在が怖くて仕方がなかったんじゃないかなって思う。
いつも以上に一緒にいて、抱きしめて、話しかけていたら、小梅に当たり散らすことも減った。

小梅はあまり変わらないかな。
たぶん長いお外生活で仲間が居なくなるという経験をしているからかも。
でも以前より甘えん坊になったし、少しなら抱っこもできるようになった。
麒麟が教えてくれたんだよね。きっと。

きーちゃん。大好きですよ。
早く帰っておいでね。

麒麟を見つめるアロマ。分かるのかな?
EFA1B9D7-74EB-496C-837B-2416085166BB.jpg
59AEDCE6-2507-4B79-B45A-AAC68AC5C02C.jpg
posted by TAMI at 23:43| Comment(2) | 麒麟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アロマちゃん、じっと写真の麒麟ちゃんを見て。。麒麟ちゃんが大好きだったんですね。
でっかくて優しい可愛い麒麟ちゃんだものね。
最後のTAMIさんとの抱っこは、麒麟ちゃんの計らいですね。
途中野良生活や疥癬で大変なこともあったけど
麒麟ちゃんは間違いなく幸せな猫生でした。

ミニも、呼吸が止まってしまったと思って泣きながら抱っこしたら、再び息をしてくれて腕の中で旅立ちました。
猫はいつも飼い主のことを思ってくれていて泣かされてしまいます。

TAMIさん、どうぞご自愛下さい。
Posted by rei at 2016年11月29日 14:20
※reiさん※
お返事遅くなってごめんなさい。
アロマは本当に麒麟にべったりだったので寂しくて仕方がなかったんだと思います。
おっきな心と体で(笑)みんなを包んでくれていました。

猫達は本当になにもかもお見通しで、飼い主想い。
ミニたんもreiさんのことをしっかり守って抱きしめていてくれたんですね。

猫は優しい優しい生き物ですね。

>reiさん
>
>アロマちゃん、じっと写真の麒麟ちゃんを見て。。麒麟ちゃんが大好きだったんですね。
>でっかくて優しい可愛い麒麟ちゃんだものね。
>最後のTAMIさんとの抱っこは、麒麟ちゃんの計らいですね。
>途中野良生活や疥癬で大変なこともあったけど
>麒麟ちゃんは間違いなく幸せな猫生でした。
>
>ミニも、呼吸が止まってしまったと思って泣きながら抱っこしたら、再び息をしてくれて腕の中で旅立ちました。
>猫はいつも飼い主のことを思ってくれていて泣かされてしまいます。
>
>TAMIさん、どうぞご自愛下さい。
>
Posted by TAMI at 2016年12月01日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。