2006年08月13日

喘息?

宇汰のことでバタバタしてて、書こうと思っていて書けなかったことを自分の覚書のために書いておこうと思う。

火曜日の夜にぎゃおすBBSを見ていたら、慢性気管支炎についてのレスがあって、そこにこんな症状ですか?ってムービーがあるサイトが紹介されていた。
今まで何度もそのレスは見ていたのに、その日に限ってリンク先を見てみようって気になった。
そして、ムービー再生してみて心臓止まりそうになった。
前からハル様の咳が気になっていたバカ飼い主。ずっと毛玉を吐きたくても吐けないんだなぁって思ってたんだけど、そこに書いてある咳の症状といい、ムービーで見た咳の状態といい、ハル様のそれにそっくりなんだもんっ(;;)
もんもんと悩んで、次の日も仕事中にサイト見てグルグルして、喘息だったら治療はステロイドが主なわけ?でもステロイドは腎臓に悪いじゃん(><)なんて考え。
もうこれは帰りに病院によってすっぱり聞いてしまったほうがいい!と質問項目を書き出す。
仕事をやる以上に一生懸命に考え、頭をひねり。
結果、A4用紙1枚分の質問が完成(笑)
仕事が終わると同時に病院へGO!
受付で「診察料とっていただいてかまわないので」と伝えて、質問用紙を手渡す。
ハル様の咳はかなり前からで、でも回数的には月に1〜2回あるかないかぐらいな感じだった。
でも、急にケホケホ始まって、なにかを吐き出すような感じでケホーンケホーン!!ってなってケッホンケッホンケッホンケッホーーーーン!!ゴクって最後に何かを飲み込んだ感じで終了するので、とても気になっていた。
サイトに書いてあった症状は、

突然なんの前触れもなく、急に立ち止まって、頭をしたら向けて蹲る姿勢でゲーゲーする。何か吐くようだが、通常になにも出ない。
数回するとケロッとしてまた不通の状態に戻る。


となっていて、まさにビンゴっ!!これだわさっ!(|||_|||)
喘息だったらどうしよう?これ以上投薬とか通院が増えたら嫌だなぁ。
ってか、もうしばらく病院には行かないって約束したのに…。
なんてことを千路に考えていたら、名前を呼ばれて診察室へ。

以下、主治医の回答。
※これはバカ飼い主のうろ覚えな頭で理解したことで、主治医の回答が正確に記載されていない可能性大です。また、あくまでもうちの主治医の見解であることをご理解ください※

咳が出る病気としては、6種類くらいあって、その中で咳が酷いものは、
1.心臓から来るもの
2.肺に腫瘍・癌などがある場合
3.喘息
4.数は少ないがフィラリアに感染している場合


【喘息はなぜ起こるのか】
なにかのアレルゲンがあって、そのアレルゲンに反応してセロトニンという物質が発生して咳が起こる。
喘息の場合は常に咳が出る状態になる。


【喘息と診断するためにはどのような検査が必要か】
喘息と診断するためには、気管洗浄といって気管を洗浄してそこからアレルゲンとなる物質を探す方法や、血液検査でアレルギー反応が起こると増える項目を見ることでできる。

【喘息だった場合、どのような治療法があるのか。腎臓の負担になるので、できればステロイドは使いたくない】
喘息だった場合の治療法は、まずは呼吸を楽にする薬を少量から始める。
いきなりステロイドを処方することはない。


【喘息の原因はなに?】
原因はこれ!といって特定するのは難しい。

【以前から咳が出ているが、常に咳き込むというように悪化をすることがないのは、喘息ではないから?】
喘息の場合は常に咳が出ているから、喘息の可能性は少ないと思う。

【抜け毛の季節に咳き込むことが多いように感じる。喘息ではなく、埃や抜け毛によるアレルギー性の咳なのか?】
毎日、同じ時間に咳をするとか、朝・晩咳き込むとか、ずっと咳をしているとかだと要注意だが、月に1〜2回程度ならあまり気にしなくても大丈夫。
抜け毛や埃のアレルギーの可能性も考えられる。
自分の家でも10数匹猫を飼っているが、まったく咳をしないコと咳をするコがいる。
咳をするコをよく観察してみると、グルーミングを丁寧にするコの場合が多い。


【白血球と血小板が少なくなっているのは咳のせい?それとも他の要因が考えられるのか?】
私達が白血球が少なくてびっくりする量はだいたい2000以下。
2000以下だと、なんでこんなに白血球が少ないか、原因を探る。
血小板も10以下なら驚くし、1〜2だと本当にびっくりする。
白血球減少症とか血小板減少症を疑う。
でも、ハル様の数値なら全然大丈夫。
まれに、白血球数が常に4000〜5000のコがいる。検査してもなんの病気も発見できないし、本猫もいたって元気というコもあるので、あまり気にしなくていいと思う。
仮に喘息だった場合、白血球はむしろ上がる。
血小板も10以下だと全然血が止まらないかというとそうではない。
血小板が20あれば全然大丈夫。
白血球も血小板も寿命が短くて、3日くらいで生まれ変わっているから時期によって数値は変動する。
血液検査でむしろ注目するのは赤血球の値。これが低くなると貧血となるが、ハル様は36%もあるからいい大丈夫。


後はまだ色々詳しく説明してくれたんだけど、スポンジのような脳ではこれが精一杯の記憶で、しかも曖昧な部分も多々あり(汗)
とりあえず、詳しく説明してもらって、喘息の疑惑も晴れて一安心できた。
あとは、咳を起こさないようにブラッシングをこまめにするのと、掃除をこまめにすること。
嗚呼、この掃除がねー、難しいのよねー(−−;
嫌いなんだよなー・・・。
まぁ、そんなことを言ってる場合じゃないんだけどさぁ〜・・・。
がんばろっと。

CIMG0717.JPG

※今日の手作りとは呼べないごはん※
・水郷とり
・タウリン

あまりにかったるくてなにもやる気がでなかったので、野菜の準備が皆無。
仕方がないので、今日はご馳走ってことで水郷とりのみご提供(爆)
モンの凄い勢いで完食。ついでにお皿まで舐めていらっしゃいました。

●今日の宇汰くん●
今日も姿を見せません・・・。
みなさんにこんなに強力していただいているのに、肝心の自分がなにもできていないことに焦りを感じ始めてたりして・・・(汗)
宇汰くん、どこにいるのでしょう?トホホ。

今日のごはん
posted by TAMI at 22:00| Comment(8) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

針の値段

060219_2330~01.jpg

昨日の日記に頂いたコメントで、うちで使っている針が激安との情報が。
うちで使っている針はニプロの21G×5/8という針で、20本で昨日は400円だった。
昨日はってのは、12月に買ったときは20本で200円だったから(^^;
どうも会計の人によって値段に違いがあるような気がする。
いつだかは診察料会計に入ってなかったし(^^;
じいやさんが使っている欲情翼状針とは違う、針だけのやつ。
羽がついてないから安いんじゃないのかな?
でも、麦芽さんの使っている針は同じニプロで太さが違うだけなのに、この価格差はなに・・・?
輸液の針なんて、今まで使ったことがないからこんな値段なのねーと思って、じゃんじゃか使ってましたよ。ワタクシ(・▽・;

しかし、病院によってこんなに値段が違うのはいったいどういう訳なのか。
確かに動物病院は自由診療だから、診察代や手術代等は病院の裁量で決めていいんだけどね。
だけど病院によって価格差は結構ある。
ハル様が初めて尿結石なった時に行ってた近所のS病院は、設備は整っていたけど値段がバカ高かった。
おまけに獣医が動物嫌いみたいで、全然触診とかしやがらないでやれレントゲンだの検査だのばっかりしたがって、金だけをふんだくるようなところだった。
薬だけもらいに行っても、処方料っつって7〜800円取られてたな。
時間外診療も30分刻みで金額が書いてあって、それが物凄い値段だった。
前に通院していたA病院も今の病院も、腕はいい上に値段は良心的。だからいつも混んでいるけど、安心してまかせられる。
藪医者ほどぼったくりなのは何故なのか、じっくり座って小一時間問いただしたい今日この頃。



今日のごはん
posted by TAMI at 23:59| Comment(2) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。